スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- : スポンサー広告:  トラックバック(-)  コメント(-)

2010年「秋号」コンテンツ

「JIA news 近畿」ブログ版 2010年

※原稿は入稿次第に掲載していきます。

CONTENTS

■特集

■連載
「保存再生 建築家の視点」石井和浩氏 ~近江八幡市における繋ぐデザイン~
「住宅部会通信2010」山康弘氏 ~大江一夫+吉田文男『建築家の余技の世界』―単彩画と多彩画―

■地域会のページ
 「和歌山地域会の活動」橋本雅史氏

新入会員のご紹介
スポンサーサイト
16:18 : 2010年「秋号」:  トラックバック(-)  コメント(-)

【地域会のページ】~和歌山編~

和歌山地域会の活動

地域会2
執筆者:橋本雅史
(JIA近畿支部 和歌山地域会長)

和歌山地域会は正会員28人 招待会員3人 准会員2人 賛助会員39社で構成されています。
地域会年会費は正会員が30000円、准会員5000円 賛助会員36000円です。
事務局を単独で運営しています。常勤スタッフが1名です。

 ...続きを読む
15:07 : 2010年「秋号」:  トラックバック(-)  コメント(-)

【連載】保存再生 建築家の視点

近江八幡市における繋ぐデザイン

hozon1
執筆者:石井和浩(石井建築設計事務所)

○近江八幡の原風景
 現在近江八幡市は、水郷周辺を国選定の重要文化的景観第一号に指定されている。旧八幡市街地は整然と並ぶ碁盤目状の城下町に、中二階建ての燻し銀の勾配屋根が連続する風景が今に残る。また明治から昭和期に建てられたヴォーリズ建築が町家の並ぶ中に点在しており、それら和洋折衷の建築と豊かな自然が近江八幡の原風景を織り成す。
 アメリカから来たウィリアム・メレル・ヴォーリズは、自身が日本の生活体験の中から培った町の特性を元にし、設計活動を行った。彼の建築は今も近江八幡の町に約27件残存している。本稿では、町並みを繋ぐデザインとして近江八幡のヴォーリズ建築を中心に論ずる。
 ...続きを読む
16:20 : 2010年「秋号」:  トラックバック(-)  コメント(-)

新入会員のご紹介

2010年6月以降に新たに(社)日本建築家協会近畿支部へご入会頂いた、新規入会者をご紹介します。

兵庫県
・萬田 隆/tmsd萬田隆構造設計事務所

京都府
・河崎 邦生/(株)内藤建築事務所
・松村 佳久男/一級建築士事務所カクオ・アーキテクト・オフィス

大阪府
・上田 義雄/(株)桝谷設計
・田上 慎也/(株)日建設計
・中村 俊一/(株)日建設計
・二宮 彰/(株)日建設計
・本多 龍太郎/(株)企画設計社
・山藤 学/(株)日本設計

14:29 : 2010年「秋号」:  トラックバック(-)  コメント(-)

【連載】住宅部会通信2010

大江一夫+吉田文男『建築家の余技の世界』
―単彩画と多彩画―


担当世話人/三木孝亮、山康弘

jyutaku3
執筆者:山崎 康弘(SIMPLEX)

去る6月24日、大光電機ライティング・コア大阪6階会議室において、講演会『建築家の余技の世界』が行われた。建築作品のみならず『余技』として数多くの絵画作品を創作されている大江一夫氏と吉田文男氏の両氏に、前者は水墨画、後者は水彩画の作品をそれぞれご紹介いただき、絵画と建築との関係について、コーディネイターに青砥聖逸氏を交えて語っていただくという趣旨で企画された。
当日は部会員、一般併せて38名の参加で盛会に終わった。
 ...続きを読む
18:15 : 2010年「秋号」:  トラックバック(-)  コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。